ジャパンネット銀行の申請で嘘をついたらどうなるの?

お金を借りるには審査というのがあり、それに合格しないと借金する事は不可能です。
個々の消費者金融で審査の仕方は異なるのでひとくちにどういった事に気を付けていればパスしやすいかというのは言えませんが、収入がだいぶ関係しています。
個人的な意見ですが、よく世間で言う借金に対する負のイメージ(遊興・自堕落・生活苦)などには違和感を感じます。
企業や家庭など社会全体が借入金で回っているのは事実ですから。
働く女性の低収入は以前から言われていることですが、そういった人が必要性を感じて借り入れするのなら、不健全なものだとは思えません。
借り入れを奨励しているわけではありませんし、収入に応じた冷静な判断が必要ですが、女性や弱者が利用しやすい雰囲気なり返済プランを業者が提示していくのも大事なのではないでしょうか。
「嘘の申告をしてプロミスのカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。
事実だけ言えば、それはそれだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。
もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。
会社としてはもれなく通報するとは考えにくいですが、実害があれば被害届が出されるでしょうし、プロ相手に虚偽が通ることは考えられないです。
審査が早いのは電子化されているからで、けしてズサンではないですから。
個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といったリスクがあります。
はっきり言ってワリに合わないはずです。
闇金の実態とそこからの借金については、どんな成り行きが待っているのか考えたことがありますか。
関わってしまうだけでも白眼視されたりするかもしれません。
ただ、怖い世界の後ろ盾があるというばかりでなく、その存続の影には、毎日のように現れる、相応の事情を抱えた人たちの絶え間がないせいでしょう。
一昔前と違い、お金はどんどん貸すものではなくなっていて、利息もずいぶん値上がりし融資の難易度は上がるばかりです。
実際、金融会社は、勤め先が優良企業である程度以上の収入があるような融資の必要のない人の方ばかり向いていて、現実に困っている人が行っても貸してもらえなくなってしまい、銀行、金融会社、消費者金融、個人の貸金業者と段々に移った挙げ句、行き場を失ってしまいます。
でも、ご用心、一度お金を借りたら永遠に闇金の罠の中でもがき続けることになります。
そうならないためにも、お金の使い方には細心の注意を払ってすご過ごしましょう。

ジャパンネット銀行カードローン審査基準